×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローン借り換え手続きガイド

住宅ローンの借り換え先一覧

ソニー銀行・・・2011年度オリコン顧客満足度ランキング住宅ローン総合1位(金利、手数料、融資金額、担当者の対応、商品のわかりやすさ、商品の豊富さ、利便性、付帯サービス、信頼性の9部門で第1位)として人気の住宅ローンです。

 

 

住信SBIネット銀行・・・・2013年1月31日まで限定で借り換え申し込みの方に1万円プレゼントキャンペーン中!最長35年の長期固定金利ながらフラット35に負けない低金利で借り換え可能なため低金利長期固定を考えている方に向いているでしょう。保証料無料』、『繰り上げ返済手数料無料

 

 

イオン銀行

 

 

SBIモーゲージ・・・業界最低水準の低金利を誇るフラット35取り扱い会社。繰上返済手数料無料。

 

住宅ローン

住宅ローン 借り換え 諸費用

 

 

住宅ローン借り換えの際には諸費用がかかりますがご存知でしょうか。住宅ローンの借り換えは発生する諸費用や内容などの額をだいたい把握した上で準備ができたら実行するのが一番です。とはいっても、もうすぐこて金利期間が終わり金利が上がる人、今借り入れている銀行よりもはるかに金利が低いところを見つけてしまった、といった必要なお金がまだ用意できていないけど、借り替えたいと思っているひともいるでしょう。諸費用の資金が準備できていないと条件がいいような借り換え先が見つかっても、あきらめないといけないかもしれません。

 

ですが完全にあきらめる必要もないのです。住宅ローンの借り換えの際に諸費用を上乗せできる可能性があります。諸費用も含めてローンが組めるのです。保証料が必要になる場合にはこれを住宅ローンに上乗せしますが、これは外枠方式といわれています。目先のことだけを見るととても楽なのですがその分当たり前ですが、借入額も増えてしまいます。ローンの金利に上乗せして支払うような内枠方式もありますので、住宅ローンの借り換えをする際に諸費用の問題が心配な人は一度相談してみるといいかもしれませんね。保証料が無料の銀行も中にはあるので諸費用を考える際に一緒に検討してみましょう。

住宅ローン 借り換え 必要書類

 

 

住宅ローンの借り換えの際の必要書類についてここでは見ていきます。住宅ローンの借り換えの必要書類はそれぞれの金融機関ごとに違っていますので、申し込みをする際に金融機関にあらかじめ確認しておくようにしましょう。主なものとしては、所得を証明できる書類、住民票、健康保険証、契約書、重要事項説明書、登記簿謄本、平面図、敷地測量図などが必要です。これ以外に何か必要なものがある場合には金融機関から連絡があると思いますので、契約のときまでに、準備しておくようにしましょう。中には家にある書類だけでなく、区役所などへ行って書類を集めなければいけないこともありますので、時間がかかることもあります。仕事などで忙しい人は、すぐにとりにいけないこともありますので、借り換えの必要書類がそろわないために先延ばしになることもありますので注意しましょう。

 

必要書類の収集にはあらかじめ時間に余裕を持ってそろえておくといいでしょう。1枚でも契約時に書類が足りなければ契約ができませんので、それほど必要書類というのは重要であるということをよく覚えておくようにしましょう。スムーズに契約をするためにも、あらかじめ必要書類は確認しておきましょう。

みずほ銀行 住宅ローン 借り換え

 

 

みずほ銀行住宅ローンは借り換えも可能です。みずほ銀行住宅ローンの借り換えの特徴は3つで、みずほダイレクトインターネットバンキングを利用すれば、一部の繰上げ返済手数料が無料になります。自宅からいつでもどこでも手続きできるのが便利です。そして多彩なニーズにもこたえられる金利プランはとても豊富です。金利のバリエーションが豊富であることもみずほ借り換え住宅ローンの特徴です。そして様々な特典もあります。ATM時間外手数料が無料、多目的ローン、カードローンの金利がお得になる、子育てを多方面から応援してくれます。

 

みずほ銀行住宅ローンの借り換えは、自分に合う借り換えプランを選ぶことができることにあります。住宅ローンというのは長い付き合いになりますが、それぞれのライフステージの変化に合わせて一番ぴったりなプランを用意してもらえます。みずほ銀行は住宅ローンのかんたん事前審査が可能です。店頭での直接相談も可能です。住宅ローンの相談会として夜間や休日にも相談をしてくれますので、仕事で普段忙しくて銀行へ足を運ぶことができない人でもぴったりです。住宅ローンの借り換えを検討している人におすすめです。借り入れをした後は何回でも金利方式は変更可能です。

関連情報と関連リンク

バイク買取情報サイト・・・バイク買取時に高額で買い取ってもらうコツなどを解説